はい、日記。
プロフィール

おかのれい

Author:おかのれい
日記とは!!
「日々思う事をつらつら書き留めて、後の人生に反映させるものである」

ブログとは!!
「自分の記事に対する他人の反応を見て楽しむものである」



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



Classiclock+α



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Classiclock+α



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守秘義務があるということ
バイトをしています。
コピースタッフという職種(?)です。
法人向けに仕事を行っています。

何種類も印刷物がありますが、大抵は技術系のマニュアルであったり仕様書であったり。
しかし時々実績報告書であったり、調査レポートであったり、会議の記録書であったり、恐らく漏らしてはいけないのであろうブツも存在します。
漏らしてはいけない、という意味では仕様書もそうか。

企業スパイになるには、その会社が印刷を委託している会社にもぐりこめばいいのではないのか、と最近確信しています。


ちなみに入社する時にそのような注意は全く受けませんでした。
しかし、コピーした紙をゴミ箱に捨てると怒られます。
なるほど、それが守秘義務ってものかと、一アルバイト員は思ったわけなんです。

スポンサーサイト
ぞっとするということ
チャングムの執念にはびっくりだ。

復讐、恨みを晴らす、そのためにやれる事は何でもやる。
命は惜しくないと言いつつも、今回だけは見逃してくれと命乞いをする。
物は盗む。嘘はつく。上司にはむかう。周りに迷惑をかける。
主人公がこんな悪女でいいのだろうか。
そろそろ真面目に仕事をしてもいい頃ではないだろうか。

日本なら「天国にいるお母さんは、復讐なんてのぞんでないぞ!」と警察官and/or探偵が一喝して泣き崩れるところ。
文化の違いなのだろうか。

皮がむけるということ
408.jpg


あ、もうまさにこんな感じ。
ソフトボールくらいの垢ならぬ皮。


あと学生生活少しですね。
正直この夏で十分遊びきった気がします。
特に旅行はもう十分。沖縄は除くが。

後期は学校の授業もほどほどにして、もう一つの方の勉強をがちでやりたいと思うこの頃です。

考えさせられるということ
NHKのプロフェッショナルという番組が好きです。
現代版プロジェクトXという事で、ちょくちょく見ていたのですが、今週はなかなかいい事言う人がいるなあと思わず見入りました。

特に一番良いなと思ったのが、

「一番信じられる人とは、決して甘い事を言わない人」

「甘い事を言わない人とは、自分に対しても他人に対しても厳しくなれる人」

「それはつまり誰に対してもフェアな人だということ」

経営提携などの交渉を進めていく中で、成功もあれば裏切りも経験してきた人の、最終的にどういう人が信用出来るのか、という問いに対する答えです。
最初の二行はあまり新鮮味を感じなかったのですが、この最後の、フェアな人という言葉に「なるほどなぁ」と感じたわけです。


自分はいわゆる言葉に対するアンテナは鈍い方なのですが、時々はっとなりますね。
こういった発見はいいものです。

死ぬ気で遊ぶということ
ここ5日間くらいは完全に遊びデー。
なんというか久々に、次の日の事を全く意識せずに、その場のノリで行動を起こしていた気がします。
まーなんですかね、青春とは程遠いような過ごし方をしていたわけではありますが。

とりあえず一番はボートですね。
海の家とかで借りられるビニールボートです。
波の割れる所ではボートは禁止って事がよく分かりました。
単純に、浸水するんです。ボートが沈んでいくんです。
あの時ほど水って重たいんだなと実感した事はありません。
岸へ戻って水を出そう、あの決断があと少し遅かったら・・・。
中央委員時代に鍛えた決断力に感謝です。

二番は砂製"人柱"ですね。
隣の人が作っていたのですが、完成版は本当に人が埋まっているようでした。
気味が悪いほど、人型でした。
ちょうど波がかかるあたりに作ってやると、もはや人柱としか思えません。

三番は裏ディベキャンですね。
カオス。


そんなこんなで東京に戻ってきてしまったわけですが、またしばらく簿記とバラの日々ですよ。
まあ多少面倒くさい所もありますが、簿記も完全に軌道に乗りました。
二級の時に感じた必勝の感覚です。
これからまた授業ですが、未実現利益って奴を控除してきてやりますよ。
なんか予習している自分がきもいですね。

思わず笑ってしまうということ
『僕の、世界の中心は、君だ。』 

いや俺もね、結構パロディー好きなんですよ。
カトリックスとかね、よく見ましたよ。
うどん食べながら、箸で弾丸つかむとか。ベタだけどこういうのが好きなわけですよ。
まさに俺の笑点を突いてくるわけですよ。

そんなこんなで、この作品は天才的だと思うわけです。

何がって、題名がすごい。

「僕の、世界の中心は、君だ。」

句読点が憎らしいですよねー。全く意味無いですよねー。

「ボクノ、セカイノチュウシンハ、キミダ。」

いやーこんな台詞、もっとも生で聞いてみたいですねぇ。
ケス人で誰か言ってくれませんかねー。

「僕の・・・世界の中心は・・・君だー!!!!どーーん!!」

間違いなく、次の日にはみんな知ってますよ。
メーリス飛び交いますよ。

AIEだったら何ですかね。
「My World Center is You.」
とかになるんですかね。
もっとカッコいい言い方があるだろうけど、これが一番分かりやすい。


で、、、
これを言う(であろう)主人公の名前が

スホ

というのも、自分としては耐えられないんですよね。
どうしてこんな、すかしっ屁みたいな名前にしたんでしょう。

すほっ・・・

力、抜けますねぇ。
セカチュウの一種重苦しい雰囲気を見事取り除いてやったり!
といったところか。
それとも同じ感動系だということで、『スーホの白い馬』から取ってきたのか。
ここにもパロディ的要素を求めたのでしょうか。

ちなみにヒロインはスウンといいます。
まあ、特に可もなく不可もなく。

で、これまでをまとめるとこうなるわけです。


(高校生スホはスウンを呼び出してこう言った。)

スホ「僕の・・・世界の中心は・・・君だー!!!!どーーん!!」

img168.jpg



このご時世に、ポケベルで連絡を取り合うスホ
高校生役なのに30歳が演じている、主人公スホ



ヤフーレビューでは、評価は★二つにもいってないそうです。

二択問題
海か山かと問われれば、山と答える。
肉か魚かと問われれば、魚と答える。
夏か冬かと問われれば、冬と答える。

風呂か飯かと問われれば、飯と答える。
地震か雷かと問われれば、雷と答える。
電車か車かと問われれば、電車と答える。

巨人か阪神かと問われれば、巨人と答える。
アメリカかロシアかと問われれば、アメリカと答える。
金星か火星かと問われれば、火星と答える。

宮里藍か横峰さくらかと問われれば、宮里藍と答える。
信玄餅かもみじ饅頭かと問われれば、信玄餅と答える。
細木数子か江原啓之かと問われれば、細木数子と答える。

ファミリーマートかampm.かと問われれば、ファミリーマートと答える。
大貧民か下北GLORY DAYSかとと問われれば、下北GDと答える。
不動悠里か横峰さくらかと問われれば、横峰さくらと答える。

シューマッハかアロンソかと問われれば、シューマッハと答える。
ジョンストックトンかジェフホーナセックかと問われれば、ストックトンと答える。
夏季オリンピックか冬季オリンピックかと問われれば、夏季オリンピックと答える。

ナウシカかラピュタかと問われれば、ナウシカと答える。
DISCOVERYかAtomic Heartかと問われれば、DISCOVERYと答える。
トルシエかジーコかと問われれば、ジーコと答える。

ショートケーキかチョコレートケーキかと問われれば、チョコレートケーキと答える。
シングルかダブルスかと問われれば、ダブルスと答える。
食いタン有りか無しかと問われれば、有りと答える。

油少な目か多めかと問われれば、少なめと答える。
北斗神拳か南斗水鳥拳かと問われれば、南斗水鳥拳と答える。
波動かスタンドかと問われれば、スタンドと答える。

不動悠里か諸見里しのぶかと問われれば、ちょっと迷う。


前期目標達成具合
藤田のミキシにならって、目標を可視化します。
その前に前期の評価を・・・って完全に忘れていた。

4ヶ月前に、こんな事を書いていました。

「四年前期」

・TOIECスコア 850超え       →805取得後沈黙
・簿記検定 二級取得        →○ 
・漢字検定 何でもいいから取る  →そもそもやってない
・字がきれいになる(硬筆)      →そもそも努力してない
・JAVAを一通り出来るようにする →進捗度40%
・9時起床                →完全に最初の頃だけだったな
・20万貯める             →今の貯金2,314円  
・沖縄に行く              →金が無い
・靖国神社に行く           →忘れた
・日本三景の残りの二つを見る  →心残りだが、金が無い
・ドームでの巨人戦を観に行く   →忘れた
・N響に最低一回行く         →テレビで観た
・"上杉ヨウザン"を読む       →山田智彦と司馬遼太郎に変更された



前期を受けて後期の目標

「四年後期年内」

・TOEIC 850
・簿記検定 一級取得
・JAVAを100%まで持っていく
・窓側におく本棚を自作する
・9時半起床
・10万貯める
・沖縄に行く(どうしても行きたい・・こればっかりは)
・司馬遼太郎「坂の上の雲」を読破する
・ふやにテニスで勝つ

靖国参拝
まずった、完全に書き忘れていた。
もう二日後じゃん・・・。


靖国神社参拝について意見を述べます。

まず言いたい事は、戦後に政教分離政策が取られた時点で、靖国神社の役目は終わっているのでは、という事です。
歴史を調べれば分かりますが、靖国神社の本質は「政府の命に従った過程で戦死した人を祭る、という手段を用いた政治宗教的(国家神道を基とした)な統治スタイルです。
「日本国のために命を捧げた英霊」云々の基準は、およそ一般の人達と解釈がずれます。
例えば、明治維新の最大の立役者でもある西郷隆盛は合祀されていません。
坂本龍馬や高杉晋作は祭られているというのに。
理由は簡単です。西南戦争のせいです。
政府に反抗した人だから、祭る事が出来ないんです。
新撰組なんてもってのほか、といった具合です。
(ちなみに誰を合祀するか決めていたのは、陸海軍省です。いやー露骨ですね。)
政治(思想)史などをかじった人であれば分かると思いますが、一国を支配する際に宗教が及ぼす影響というのは強大です。それが国教になればなおさら。
明治維新、そして戦争へと進んでいく当時の日本において、目指すべき国民像を知らしめるのに、靖国神社はうってつけだったんですね。

そして戦後、こうした露骨な目的・やり方は変えられました。
しかし、露骨で強引であったからこそ明確であった目的・基準がなくなり、形骸化した靖国神社が残りました。

「靖国神社は戦後どういう神社になったんですか?」
「もう戦争はしないはずですが、ではこれから、どういう人が祭られていくべきなんですか?」
「参拝する事に特別な意味が付随するのですか?」

こういった問いに対するはっきりとした答えが無い。
戦前の意味がまじってしまったり、普通の神社になってしまったり、仏壇と対して変わらなくなってみたり。
さらに、神社側が独断で合祀者を決めているにもかかわらず、合祀者の基準について何の公式な見解も示せないでいる。
政府は政教分離があるから関与できないでいる。
結局、日本の国内で靖国神社がどういうものであるか、統一見解がないんですね。
そこが一番の問題だと思います。

つまり、靖国神社が今どういう存在で、どういう人を祭っていくのか。
戦前から一貫して通ずる基準を設定・維持出来るのか。
ここが分からないから、A級戦犯も祭っていいのかどうかが分からない。
諸外国に歴史観的に批判された時に、理論的に反駁できない。
首相の参拝が良いのか悪いのかも分からない。
天皇がなぜ参拝しないのかも分からない。
こう「ない」が続けばそりゃ問題も起きますよ。

自分の意見としては、廃止でいいと思います。
つまり記念館みたいにしてしまうということ。
(もちろん、(特に戦前には)祭られる事が最大の名誉である、という感情を抱く方も大勢いると思うので、リニアーにやるべきではありますが。)
平和へのシンボルに十分なる、歴史的価値ある重要な建造物になると思います。
それこそ、中国や韓国の人に来て見ていってもらいたい。
少なくとも、戦前と同じ靖国神社ではもうないんだよ、という事は対外的にもアピールできると思います。


ちなみに参拝に対する諸外国の批判は、これはさらに別の問題になると思います。
なぜなら、その国の統治状況と大いに関係するから。

城東の梅野君がいいわー
あのサイドスロー、惚れ惚れだすね。


ゲド戦記を見て・・・

「あ~なんか世の中異常になっているんだなぁ」
       ↓
「異常って事は原価には入らないなぁ」
       ↓
「って事は特別損失に計上しないとなぁ」



最近、思考回路が変になってきた。
どうよ、あきゅんやガイル。


こねこね~こねこね~こねこねーこーねーこーね~~♪


(え・・・いや俺そういうの良くわかんない・・・)

あれは 誰だ ふやだ たつやだ

たつやだ いやホッシェルだ どっちだ 

ふやだ ふやだ ふやだ ふやDAッDAッDAだ

(あ・・あぁ・・それならやってもいいよ)

♪♪

ホッシェルさん ホッシェルさん ホッシェルさん へへーいへーい

(繰り返し)

♪♪♪


                 Copyrights (C) 2006 "K.SUZUKI" Allrights reserved...

水曜日よりの使者
060725_1603~01.jpg


ちょっと気になる看板フレーズ。

恐らく他にも候補はあったのだろうが、

天下の東京メトロが選んだのは「だれでもトイレ」。

恐らく、このワーディングを選んだ時の部長会議では、

年のいったお偉いさん達が、

「"だれでもトイレ"なんてのは、"どこでもドア"みたいで覚えやすいんじゃないか?はっはー。」

と、談笑していたに違いない。


そろそろ海に行きますね。
電気グルーブ聴きたいですね。
これ好きです。↓
http://www.youtube.com/watch?v=5XepU7ddovQ
表裏全キャン
正直、楽しすぎてランキングなんてつけるのはおこがましいが、

自分の中の裏全キャンTOP5!



第5位 「黒い純一」

定例総会ぶりに会った純一は、誰もが一瞬「うっ・・・」と思うほどの日焼けっぷり。
「インテリやくざ」からただの「やくざ」に成り下がった。


第4位 「満天の星空」

車のライト以外に明かりとなるものは何もない。
天の川を雲と間違えるほどの星空+流れ星を見る事ができた。
「自分一人だけ願い事を叶えよう、しめしめ」と心の汚れたジャクソンがそこにいた。


第3位 「不動峰の滝→ひまわり畑」

裏全キャン3日目の即興オリジナルプラン。
31度という猛暑の中、マイナスイオンばりばりの滝がとても気持ちよかった。
30万本のひまわりが植えてあるらしい、その畑の中をさまよい歩く、迷路はおすすめです。

      


第2位 「川遊び」 

川で泳いだり、スイカを食べたり。
海水パンツをわすれた議長が面白すぎた。
行きの運転中に、前の車からマシンガンをぶっ放されたのも良い思い出です。


第1位 「ダンパ」

裏全キャンの意義にして本質。
久々の四年全体での運営ということもあって、準備の時間からテンションが上がりまくった。
1%の使命感、9%の自己満足、90%のノリ。
結果としては、多くの一二三年生が来て楽しんでいってもらえたので、良かったと思います。
現役生の良い思い出になってくれればと思います。


ゲドと亀田と裏全キャン
帰り際に映画館の前を通りかかりました。
偶然その日最後の上映時間だったので、ゲド戦記を観てきました。

なるほど、
周りからの評価の通り、楽しんでみるような映画ではなかったかなと思います。
ジブリの作品には、たとえ思いテーマであったとしても、一コマ一コマにコメディー的要素が
含まれていて、それが今回は皆無であった事から、全体として重い雰囲気になっていました。

映画のレビューを見ると、よく「場面展開がおかしい」 「声優が合ってない」 「キャラに感情移入できない」とかいうコメントがありますが、自分としてはテーマさえ伝わればいいと思っています。
その意味で、ゲド戦記は〇。どの部分をテーマと取るかは人次第かと思いますが。

ただ、伝え方が悪いなと思いました。
ごろうちんは、テーマを台詞、つまり言葉で伝えていたんですね。
文字や言葉を追って、テーマを理解する、本を読んでいるような疲労感がやっぱりありました。
僕が宮崎駿の映画が好きなのは、彼はテーマをシーンで伝える事が出来る。

まあ、それがごろうちんのスタイルなのだから、それでいいんだと思います。
亀田も勝った事だし、それでいいんです。
少なくとも、マトリックスレボリューションよりかは100倍面白い映画だと思います。

・・・・・・・・・・・・

それより、読売新聞!
亀田が世界チャンピオンになった記事を、なぜ一面に載せない!?
快挙よ、ほんと快挙。予選で負けていったサッカーWCとは違うんよ。
疑惑の判定とか言われてるけど、あの輪島功一が勝ったといってるんだから、勝ちで決まりだろう!

「私、昔ボクシングやってたことあるんですよぉ・・・やっぱり負けだと思います。」
とかぬかしたそこの女!ザ・ワイドに出れたからって調子ノンな!
ボクシングやっていた?はぁ?そんな私だからこそ言える、みたいな面しやがって。
あなたは輪島功一さんですかっ?
輪島功一さんなんですかー?
ボクシングとかいって、どうせボクササイズとかいうやつなんじゃないんですかっ?
サンドバック20000回叩いて出直してこいってんだ。

いや、価値ある亀田の世界奪取を、スポーツ欄ごとき小さなスペースに留めた読売には、謝罪をお願いしたい。

・・・・・・・・・・・・

とうとう明日から裏全キャンです。
ぐだって終わりになりそうなこの裏全キャン、個人的にも目標を立ててのぞみたいと思います。

1 佐々木を泣かす
2 佐々木に「これが本当のラスト全キャンだよなぁ」と言わせる
3 骨骨ロックを完売させる


                       以上






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。